つながる本舗 パソコン修理仙台.COM

電話番号 022-308-3025

平日・土曜 9:30-17:30 (定休 日・祝日)

お申込み

ハードディスクの故障

パソコン部品の中で一番壊れやすいのに壊れると厄介なのがハードディスクです。
ハードディスクは簡単にいうと、プラッタという回転円盤があり、そこに磁気ヘッドでデータを書き込んだり読み取ったりする動作をします。
ハードディスクには寿命があり、使っていればいつかは必ず壊れるつくりをしています。

故障の原因

故障の原因はさまざまあります。
ハードディスクに電源が入るたびにプラッタと磁気ヘッドが接触し、その磨耗が原因となる場合もありますし、高温状態が継続することが原因であったり、回転部品のモーターの劣化が原因という場合もあります。

ハードディスクが壊れると突然パソコンが起動しなくなることもありますが、ハードディスクは少しずつ壊れていく傾向があるので、パソコンの起動に時間がかかったり、ファイルの読み書きが少し遅いと感じたり、いつも開けていたのに突然開けなくなったファイルが出てきた場合もハードディスクの故障を疑うことができます。

ハードディスクの状態を調べる

S.M.A.R.T

最近のハードディスクはS.M.A.R.Tという機能が備わっています。
この機能はハードディスク自らが電源のON/OFFの回数や現在の内部温度を管理する機能で、パソコンの起動時にはS.M.A.R.Tの異常がわかる場合もあります。
また、S.M.A.R.Tの状態をWindows上から確認することができるツールもあります。

ハードディスクの診断ツール

市販のソフトでS.M.A.R.Tを含めたハードディスクの情報をチェックするものがあります。
また各ハードディスクメーカーがホームページ上で公開しているハードディスクの診断ツールを利用してハードディスクの健康状態をチェックすることもできます。

Windowsのイベントログ

WindowsXPの場合はコントロールパネルから管理ツール、イベントビューアを開き「システム」のイベントログを開きます。「ソース」が'disk'や'atapi'で「種類」が警告やエラーだった場合ハードディスクに 異常が起こっています。

イベントログでのDISKエラー検知

ハードディスクの故障が起こってしまったら

  • 軽度のハードディスク故障の場合、パソコン内部からハードディスクを取り出し別のパソコンからデータを読み出すことでデータを復活させることができます。
    また、別のパソコンでデータを取り出す前にファイルシステムの修復が必要になる場合もあります。
  • セクター不良などが多く上記の方法が無理な場合はデータをファイル単位で読み込めない場合があります。その場合、読み込めないセクターを除いてハードディスクに記録されているビット情報をそのまま別のハードディスクにコピーし、コピーしたハードディスクからデータの復旧を試す方法もあります。
  • その方法も試せない重度のハードディスク障害の場合は実際にハードディスクを開封し問題箇所を物理的に直すことでデータの復旧を行える場合があります。
  • いずれの方法を選択するかは慎重な判断が必要です。先にも書いたとおりハードディスクは少しずつ壊れていく性質のものです。

どんなことでもお気軽にご相談ください

  • 電話番号 022-308-3025

    平日・土曜 9:30-17:30 (定休 日・祝日)

  • お問い合わせ・お申込み

電話に出られない場合留守番電話に切り替わります。折り返しご連絡致しますのでメッセージを残して下さい。
受付:平日・土曜 9:30~17:30。その他のお時間の場合はインターネットからのお問い合わせをご利用ください。

ページのトップに戻る